そもそもコラーゲンって?

コラーゲンとはたんぱく質の一種です。人間の体内にはさまざまな種類のたんぱく質が含まれていますが、その中でももっとも含有量が多いのがコラーゲンなのです。その意味では非常に身近な成分、そして健康を維持する上で欠かせない存在といってよいでしょう。

肌だけでなく関節や筋肉もサポート

リペアジェル口コミ効果コラーゲン

もともと美容方面で注目を集めた成分ですが、筋肉や軟骨、じん帯など体内のさまざまな部分に存在しているので近年では広い意味での老化対策・エイジングケア、とくに高齢者の関節痛対策にも用いられるようになっています。

 

コラーゲンの最大の特徴は弾力性を備えていることです。スキンケアの面でもこの点が重要な点となっており、骨や筋肉を支えつつ柔軟性をもたらす働きを担っています。

 

肌の場合はハリやボリュームを維持し、肌を支えてシワやたるみを防ぐ働きを持っているのです。

 

また水分を抱え込む保湿成分としての働きも重要で、無数の角質層が整然と並ぶことで層を形成している角質層において水分が失われないよう保つ役割を持っています。

 

セラミド、ヒアルロン酸とともに3大保湿成分とも言われますが、これらの成分が不足してしまうと水分が失われて乾燥するだけでなく、バリア機能が低下して紫外線などのダメージを受けやすくなってしまうのも重要な点です。

 

そんなコラーゲンですが、よく詳しく見ると現在19種類に分類できることが明らかになっています。

化粧品やサプリに配合されるのはT〜W方が多い

リペアジェル口コミ効果コラーゲン

美容・健康方面でよく名前が挙げられ、化粧品やサプリメントに配合されているのはT〜W型で、それぞれ含まれている部分や効果に違いが見られるのです。

 

量ではT型が圧倒的に多く、体内のいたるところといってもいいほど存在しています。とくに皮膚では9割近くがこのT型といわれており、スキンケアの際にもうまく補うことができるかどうかがポイントとなっています。

 

問題なのはこうしたもともと体内に含まれているコラーゲンが加齢の影響で減少してしまうことです。含有量のピークは20代といわれ、30代前後から減少がはじまります。

 

この時期は「お肌の曲がり角」とも言われますが、まさにコラーゲンの減少が引き金になっているわけです。減少のペースは30代後半に加速して40代に入ると半分以下にまで落ちてしまいます

 

このように美容・健康になくてはならない非常に身近な成分であるコラーゲン。しかし化粧品で補うのが難しい面もあり、効果に優れた化粧品を適切な方法で補っていくことができるかでスキンケア・エイジングケアに大きな差が出てくるちょっと扱いが難しい成分ともいえます。
リソウ リペアジェルの口コミと効果>>

コラーゲンの減少としわ・たるみとの関係

コラーゲンはもともと体内に存在している成分ですが、加齢の影響で含有量が減少していきます。体の働きが衰えていくことで生成量が減っていくからです。減少が始まるのが30歳前後といわれており、これが肌の老化の引き金、そして「お肌の曲がり角」が訪れるきっかけともなります。

減少による乾燥の加速で肌が萎む

リペアジェル口コミ効果コラーゲン

もともとコラーゲンは肌の若々しさや健康と深く関わっているため、減少することでさまざまな影響が及びます。

 

そしてその影響がもっとも厄介な形で表面化するのがしわ・たるみなのです。多くのエイジングケア化粧品でコラーゲンを重視しているのもしわ・たるみとの深い関係があるからなのです。

 

これはエイジングケアをどう行っていくかとも関わってくるので具体的な関係について基本的な知識を踏まえておきましょう。まず保湿成分としてのコラーゲンの働きが低下して乾燥が進んでしまう点

 

角質層で水分を抱え込む保湿成分としての働きを持つこの成分が減少すると水分が失われやすくなり、角質層からボリュームが失われていきます。しかも肌がしぼむ形になるため表面に細かなしわができやすくなってしまうのです。

 

年齢を重ねると皮脂の分泌量も減少し表面がカサカサに硬くなってしまうことが多く、コラーゲンの減少と組み合わさることで非常に目立つ小じわができてしまうこともあります。

 

乾燥はバリア機能の低下とも関わってきますが、それもしわ・たるみと深い関係があります。この点は次のポイントとも関わってくる内容ですが、角質層の奥にある真皮層では繊維状のコラーゲンが網の目状に張り巡らされる形で肌を支えています。

紫外線による破壊がしわ・たるみを生み出す

リペアジェル口コミ効果コラーゲン

バリア機能が低下することで紫外線のダメージが奥深くにまで達しやすくなるとこの真皮層のコラーゲンを緩め、破壊してしまうようになるのです。

 

その真皮層のコラーゲンが減少していくこともしわ・たるみの大きな原因です。真皮層ではとくにコラーゲンの含有量が多いため、加齢による生成量の影響が非常に多くなります

 

この真皮層のコラーゲンが減少すると目元や口元に深いしわが刻まれるようになってしまいます。頬のたるみとほうれい線が同時に現れてしまうことも。

 

こうしてみてもコラーゲンは保湿効果と肌を支える働きで肌のハリや若々しさを保つ重要な役割を担っていることがわかります。

 

減少することでこうした役割を十分に満たせなくなってしまうとしわ・たるみが少しずつ進行してしくわけです。それをうまく防ぎ、コラーゲンの減少をカバーしていくことができるか、これがエイジングケアの生命線になるといってもよいでしょう。

コラーゲンは浸透しない?コラーゲンの種類と浸透性

美容成分の代表格ともいっていいコラーゲン。多くの化粧品に配合され、日ごろ頑張って補っている方も多いはず。しかし一方でこの成分は「浸透しない」「補っても効果がない」といった意見も見られます。これだけ重要性が指摘されている成分なのにどうしてこんな意見が出てくるのか?

浸透しにくいと言われる原因は分子量の大きさ

リペアジェル口コミ効果コラーゲン

そこにはこの成分ならではの特徴が深く関わっています。

 

コラーゲンはもともと体内に存在している成分ですから、体内にある分にはとくに問題はないのですが、スキンケア製品のように外から肌に塗付して補おうとした場合分子量の大きさが大きなネックになってきます。

 

スキンケア製品で有効成分を補った場合、角質層を構成している角質細胞の隙間を通って浸透していく形になります。ですから有効成分の分子量が角質細胞よりも大きかったり、隙間に入り込めないほど大きい場合にはうまく浸透しないのです。

 

コラーゲンの場合はとくにこのサイズが大きなネックとなっており、いかにうまく浸透させることができるか、化粧品メーカーはいろいろと工夫を凝らしています。

 

肌にもっとも多く含まれているのはT型と呼ばれるコラーゲンで、スキンケアにおいてもこの種類をしっかり補えるかどうかが問われているのですがそのまま配合してもなかなか奥まで浸透しないのが現実です。

 

そのため現在出回っているコラーゲン配合の化粧品ではナノ化の技術で分子量を細かくする処方を取り入れています。

浸透性の良さでは豚由来より魚由来

リペアジェル口コミ効果コラーゲン

ですから単にコラーゲンの配合量をチェックするのではなく、分子量のサイズと浸透性についてよく確認した上で製品の比較検討を行っていくことが求められます。また、原材料によっても浸透性に違いが出てきます。

 

もっとも多く出回っているのは豚皮から抽出された種類なのですが、それに対して魚由来のコラーゲンは浸透性が数倍も優れており角質層のすみずみにまで浸透しやすいといわれます。

 

この魚由来のコラーゲンは「マリンコラーゲン」と呼ばれることも多いので製品選びの際には意識しておきましょう。さらに各メーカーごとにサイズに合わせて独自の名称をつけて種類分けしているケースも見られます。

 

ベビーコラーゲン、保護コラーゲン、浸透コラーゲンなど。各メーカーが独自につけている名前も多いので比較が難しいのですが、商品紹介ページでそれぞれの特徴を踏まえつつ比較検討してみるとよいでしょう。

 

製品によっては意図的に分子量が大きく浸透しにくい種類を配合し、表皮近くにとどめることで潤いのヴェールを作る、バリア機能を高めるといった効果を目指しているのものもあります。

コラーゲンを増やす化粧品を選ぶコツ

コラーゲンはスキンケアに欠かせない成分ですが、分子量が大きく浸透しにくいうえに真皮層にまでは届かないという難点を抱えています。真皮層のコラーゲンは肌を支える重要な役割を担っているため、シワ・たるみ対策に欠かせません。となると化粧品で直接コラーゲンを肌に補う以外にうまくコラーゲンを増やす必要が出てきます。

体内生成を促すには線維芽細胞を活発化

リペアジェル口コミ効果コラーゲン

最近では外から補うだけでなく内で増やす効果を備えた化粧品も増えていますが、いくつかの特徴が見られます。

 

どんなアプローチでコラーゲンを増やすのか、どれだけの効果が期待できるのか、比較検討したうえで選んでいくことが求められるのです。現在このタイプの化粧品でもっとも注目されているのが繊維芽細胞を活性化させる働きを持つ成分を配合したものです。

 

コラーゲンは繊維芽細胞という細胞の働きによって作られており、加齢とともにこの細胞の働きが低下していくのが含有量が減っていく大きな原因なのです。

 

ですから細胞を活性化させることができればコラーゲンを増やし、外から直接補う以上のエイジングケア効果が期待できるというわけです。

 

繊維芽細胞を活性化させる成分として現在化粧品に使用されているものにはビタミンC誘導体、レチノール、プラセンタ、ナイアシン、FGFなどが挙げられます。まずこれらの成分が配合されているかどうかをチェックしましょう。

 

注意したいのは肌との相性です。たとえばコラーゲンを増やす効果がもっとも優れているといわれるレチノールは少々肌に刺激をもたらす面もあるため、敏感肌の方には向いていない面もあります。

原料となるアミノ酸が配合されているものも効果的

リペアジェル口コミ効果コラーゲン

それほど強い刺激をもたらすわけではありませんが、実際に使ってみたうえで問題がないかどうかをチェックしたうえで判断しましょう。

 

またビタミンC誘導体やプラセンタはコラーゲンを増やすだけでなく老化を防ぐ抗酸化作用やターンオーバーの活性化といった美容効果も期待できます

 

ですからシワ・たるみだけでなくくすみ、シワなどいろいろなトラブルを抱えてしまっている方はこうした幅広い効果が期待できる成分を選ぶのもひとつの選択肢です。

 

この繊維芽細胞を活性化させる成分以外ではアミノ酸が配合されている製品も挙げられます。コラーゲンはたんぱく質ですから、アミノ酸が土台になっています。体内でアミノ酸が減少しているとコラーゲンが作られにくくなりますから、外からうまく補うわけです。

 

この場合、先ほど挙げた繊維芽細胞を活性化させる成分と併せて配合されているケースもあるのでチェックしておくことと、配合されているアミノ酸の種類を見ておくよう心がけましょう。できるだけ幅広く10種類以上のアミノ酸が配合されている製品が望まれます
リソウ リペアジェルの口コミと効果>>

リソウ リペアジェルの口コミと効果

リソウ リペアジェル
コラーゲン減少によるしわ・たるみを改善する無添加オールインワン美容液

リペアジェル口コミ効果美容液選び方


今迄出会った事無いねっとりな美容液。…液?(笑)ハチミツより固めなのに1滴で顔全体に伸ばせて、なじむと肌がポカポカしてきます。使い始めて3日位で浅いシワが少しふっくらし始めたのにはビックリ!さすが美容成分100%。美容液の中でもややお高いですが、1回の量は少なくて済むし何よりこんなに効果があるなら、納得のお値段。
美容のプロが選ぶ美容液第1位に選ばれたオールインワン美容液。独自技術が施されたビタミンC生命体と米発酵生命体が、シワやたるみの原因であるコラーゲン不足をサポートしてくれるのが特徴です。原材料には1滴の水も使われず美容成分のみで作られているので効果を感じやすいです。植物由来100%で敏感肌の方や、加齢で刺激を感じやすくなった方にもお勧めです。
今なら8,000円相当が1,980円!通販限定
(15000円の本商品が2週間たっぷりお試し!さらにリペアウォーター3000円付)

公式HPへリペアジェル